産後の食事

バランスの良い食事

産後はすぐに育児がスタートします。母体の健康を維持しつつ、育児や家事にもしっかり取り組めるように、事前に準備をすすめていきましょう。

産後の食事から仕事、産後のファッションについてもご紹介いたします。

産後に食べていいもの

産後にはなんでも好きなものを食べたい!と思うところですが、母体の回復を早めるため、また良質な母乳を出すためにも、体にいいものを選んで食べるようにしましょう。

産後に食べて欲しいものの中にまず白米があります。白米は母乳の主成分となり、体のエネルギー源となる炭水化物です。炭水化物が不足すると母体が低血糖になって体調を崩したり母乳がでなくなってしまうこともあるので、1日1膳だけでも白米を食べるようにしましょう。

次に根菜類もおすすめ。いも、ごぼう、にんじんなどですね。これらも良質な炭水化物を含んでおり、食物繊維も豊富です。産前産後は便秘になりがちな女性も多いので、根菜類をたくさん摂取することで自然にお通じをよくすることもできますよ。

さらに野菜をたくさん食べることで体内の水分量も多くなり、さらさらとした母乳を出しやすくなります。根菜類は体を温める力もあり、血流をよくして母乳の出もスムーズなものに。

さらに脂肪分の少ないお肉や魚も積極的に食べるようにしていきましょう。タンパク質は体を作るのには欠かせない成分です。血液を作り、母体の回復、母乳の生成に役立ちます。

また、水分は積極的に取るようにしてください。日常的に水をたくさん飲む習慣を身に付けるのも大切ですが、料理の中にスープを入れたり、お鍋にして水分をたくさん取れるようにしておくのもおすすめ。

水分をたくさん摂取することは体のむくみを取り、冷えを解消し、母乳の出をよくするという様々なメリットがあります。

産後に避けたい食べ物

産後に避けたい食べ物としてアルコール、カフェインがあります。母体から摂取したアルコールやカフェインは母乳となって赤ちゃんの口に運ばれます。これらが赤ちゃんの脳、発育に影響すると言われていますので、アルコールやカフェインの摂取は控えるか、摂取後しばらくは母乳をあげないといった工夫が必要です。また、アルコールやカフェインは母体を冷やし、回復を遅くしてしまう可能性もあります。

脂肪分の多い揚げ物や洋菓子も控えておきましょう。脂肪分が多いと体に負担がかかったり、母乳が出にくくなる可能性もあります。脂肪分の多い生クリームを使ったケーキ、油を大量に使用したスナック菓子、揚げ物もしばらくはお預けです。

炭水化物を摂取するのは大切ですが、菓子パンなど高カロリー、高脂肪、油や砂糖がたくさん使われているものは控えておきましょう。

また、野菜をたくさん食べるのは体内の水分量を増やすためにもおすすめですが、冷たい野菜を食べ過ぎると体を冷やしてしまいます。温野菜にしたり、お鍋にして野菜を楽しむようにしてくださいね。