妊婦さん

初めてに妊娠、出産は分からないことだらけ!何を準備すればいいのか、どんな流れで出産に挑むことになるのか、不安がいっぱいですよね。

そんな不安を少しでも和らげるためには、事前の知識と準備が大切です。出産の流れから産後の手続きまで、ママのイロハをご紹介いたします。

出産前の準備に必要なものは?

出産前の準備のアレコレを見ていると何から揃えればいいのかわからなくなってしまいますよね。 出産前は何かと準備が忙しく、また本当に何が必要なのかがわかりにくいため、必要最低限のアイテムだけ揃えてあとは産後に買い足していくのがおすすめです。

ベビー服

ベビー服は赤ちゃんが生まれたらすぐに必要になるため、何枚か揃えておくといいでしょう。頻繁に着替えさせる必要があるため、低価格の簡単に着脱できるものを5、6枚購入しておくのがおすすめです。

赤ちゃんの敏感なお肌に直接触れるものですから、縫い目が肌に当たらない、コットン素材のものなどと少しこだわりを持って選ぶことも忘れずに。

可愛いベビー服などはあとから買い足すことができるので、とりあえず肌着として使用できるシンプルなものから揃えましょう。

ベビー寝具

赤ちゃんを眠らせるためのベビー寝具も購入しておきたいですね。お部屋が狭い場合は無理に大きなベビーベッドを購入する「必要はありません。

大人用の布団は重すぎたり硬かったりして、赤ちゃんの体には負担となる可能性があります。柔らかくで優しい使い心地の布団を選ぶようにしましょう。

おむつ

おむつも産後すぐに使うことになります。ですが赤ちゃんの大きさによっては使えなくなってしまう可能性もあるため、新生児用のものを少しだけ用意しておいて、あとからサイズや使いやすさで選ぶのがおすすめ。

哺乳瓶・粉ミルク

母乳神話が未だに定着していますが、お母さんがみんないきなり上手に母乳を出せるわけではありません。粉ミルク、哺乳瓶も用意しておくと安心です。

粉ミルクは病院でおすすめのものを紹介してもらえることもあるので、医師からアドバイスを受けてから購入するのがおすすめです。哺乳瓶は少し高くてもガラス製のものを。長く清潔に使い続けることができますよ。

チャイルドシート

車を運転する方は早めにチャイルドシートを購入、用意しておきましょう。新生児であっても、今の日本の法律ではチャイルドシートを着用することが義務付けられています。大きな買い物で装着にも手間取る可能性が高いので、事前に用意しておくとスムーズです。

その他体温計や赤ちゃんのケアグッズ、お風呂グッズなどはあとからでも買い足すことができたり、家にあるものでも代用が可能です。アレコレと揃えたくなる気持ちもわかりますが、まずは必要最低限だけ揃えてあとから何が本当に必要か考えるようにしていきましょう。

ママの授乳服

産前はマタニティウエアを利用していた方も多いかと思いますが、産後になると今後は授乳服を用意しなければなりません。授乳服は赤ちゃんにミルクをあげやすいように、胸元を簡単に開けられるタイプの洋服のことです。

シャツやTシャツでも代用することは可能ですが、服が傷んだり汚れる可能性も高いため手軽に使える授乳服の使用がおすすめです。授乳服は可愛くないものが多いというイメージが強いですが、最近ではトレンドを意識したおしゃれで授乳服とわかりにくいアイテムもたくさん登場しています。ネット通販を利用すれば安くておしゃれな授乳服を購入することもできるので、時間のあるときに事前に買い揃えておきましょう。

産後すぐにお宮参りなどフォーマルな場に出かけることもありますし、いつ不幸が起きるかもわかりません。フォーマルなシーンでも使える授乳服、ブラックフォーマルとして取り入れることができるワンピースなども揃えておくと安心です。なかなかゆっくりミルクをあげることができなくても、授乳服を着用していれば開いた時間にさっと授乳ができるようになりますよ。

出産までの流れについて

出産後のママと赤ちゃん

臨月に差し掛かるとそろそろ出産への期待と不安が高まってきます。実際にはどのような流れで出産が始まるのか確認しておきましょう。

おしるし

妊娠10ヶ月目を過ぎるといつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない状態に入ります。そのことを示すサインとしておしるしがあります。

おしるしは出産が近づき子宮口が開くことで、支給壁から卵膜が剥がれることによって起きる出血です。おしるしの量を見て子宮口がどれくらい開いているのか確認できる助産師さんもいます。

生理のような血液が出ることが多いですが、少し粘り気があるのが特徴的です。おしるしには個人差があり、たくさん出血する方もいればほんの少し血がつく程度の方、おしるしがまったくない方もいます。

また、おしるしが出たからといってすぐに出産に入るというわけでもなく、一時的におしるしが止まることも。出血が2、3日続く、さらさらの血液が出ているといった場合は何かトラブルが起きている可能性もあるため、不安な場合は一度医師に相談するのがおすすめです。

陣痛

おしるしが始まると次に陣痛が起こります。おしるしから陣痛までの期間も人それぞれで、おしるしを確認したら数時間後に陣痛が始まるという方もいれば1週間以上間隔が開いたという方もいます。

おしるしが来ないまま陣痛を迎えるケースもあるため、実際にどれくらいから陣痛が始まるとは言い切れません。妊娠10ヶ月を迎えたら、いつおしるし、陣痛が来てもいいように心構えをしておくことが大切です。

陣痛には前駆陣痛と本陣痛の2種類があります。

最初は不規則に痛みが強くなったり弱くなったりする前駆陣痛が起こり、徐々に子宮口が開いていく感覚が分かるという方も。最終的には痛みが一旦治まります。

その後本陣痛がやってきます。本陣痛は10分程度感覚を開けて痛み出すようになります。本陣痛が始まるといよいよ破水、出産を迎えることになります。

前駆陣痛が起きてから1週間程度間隔が開く方もいればそのまま出産するケースもあるため、この時期にはいつでも病院に行けるように交通手段などを確保しておき、周囲にも連絡をしておきましょう。

破水

本陣痛の間隔が10分程度になってくるといよいよ破水が始まります。

破水とは、赤ちゃんを包んでいた膜が破れて羊水が出てきた状態です。お腹の中で破水した感覚が分かる方もいますが、少量ずつ破水する場合もあり、また出産直前は赤ちゃんに膀胱を圧迫されて尿漏れが起こりやすくなるため破水と勘違いしてしまう方も多いようです。

尿などは自分で止めることができますが、破水は自分で止めることはできません。いつもより尿漏れが多い、数日前におしるしがあったという場合は破水だと思っておきましょう。

破水した場合は入水、シャワーはせずに、すぐに清潔な下着に着替えてナプキンを装着。赤ちゃんを守っていた膜が破れた状態ですから、無理にシャワーを浴びたりタオルで拭き取るとそこから感染してしまう可能性が高まります。

破水かもしれないと思ったらそのまますぐに病院に向かってください。危険なのでくれぐれも運転はしないように。妊婦さん用のタクシーや救急車もあります。

経膣分娩(自然分娩)

出産方法には通称自然分娩と呼ばれる経膣分娩と、今じわじわと注目を集めている無痛分娩の2種類があります。まずはメジャーな自然分娩からご説明いたします。自然分娩は陣痛、破水が始まったらそのまま出産に入ります。

「ヒッ、ヒッ、フー」という呼吸法でリズムよくいきむことができるラマーズ方や中国気功法をもとにしたリーブ法、自分の心を平常に保って安心して出産に挑めるようにするソフロロジー法などを用いて出産に挑みます。

経膣分娩は母体の力だけ、医療の介入がない場合は激しい痛みをともないます。陣痛が始まってから何時間後に出産が始まるかわからないというデメリットもあり、丸一日陣痛に苦しんだという方もいます。

無痛分娩

一方で着々と増えてきているのが無痛分娩です。無痛分娩は事前に子宮口を開く、陣痛促進剤を使うなどして陣痛、出産を促し、麻酔薬を用いて出産に挑むという方法。

経膣分娩による陣痛の痛みが10とするならば無痛分娩の痛みは前処置や麻酔の投与などを含めても1から2程度と言われています。無痛分娩を取り入れることによって母体のダメージも少なくなり、出産後の回復を早めることも可能です。

完全に痛みがなくなるというわけではありませんが、母体へのダメージを考えると取り入れることを考えても損はないでしょう。しかし予定よりも早く破水が始まってしまった場合は対応しきれないこともありますので注意が必要です。

あらかじめ無痛分娩に対応している病院を選ぶ必要もあり、家から遠い場合は入院しなければなりません。また、通常の出産よりも10万円程度費用が高くなるというデメリットもあります。

産後の入院

産後は母体も大きなダメージを受けており、また赤ちゃんの様子を見るために数日入院する必要があります。

入院中は検査や授乳の指導などがあり、ママとしてのイロハを病院から教えてもらうことができます。

母乳が出やすいような病院食を用意してくれるところもあり、退院後もどのようなメニューを食べればスムーズに母乳が出せるのか確認しやすいというのも嬉しいですね。

産後の入院は母体を回復させるためには重要ですが、かえってストレスに感じてしまう方も多いようです。夜間も赤ちゃんの鳴き声や陣痛が始まった他の患者さんの声で眠れない、授乳指導が厳しい、好きなものを食べられないなどなど…。

また、お見舞いに来てくれた親戚の心無い一言や、騒がしくてリラックスできなかったという先輩たちの声もありました。お見舞いは夫に相談して、控えてもらうように呼びかけたりすることも大切です。産後は必要以上のストレスを感じないように、我慢せずなんでも伝えていきましょう。

出産にかかる費用

出産前になると気になるのがその費用です。どれくらい用意しておけば分からずに困ってしまいますよね。

検診の費用

まずは検診にかかる金額から。妊娠が判明したら、妊娠届を自治体に提出しなければなりません。その際に母子手帳が交付され、妊産婦健診の受診券、補助券を受け取ることができます。

この受診券と補助券は自治体によって様々ですが、多くの場合は14回分の検診、約10万円分を補助してもらえます。国は無料化を謳ってはいるものの、実際には補助券を使っても少しは自費となる地区もあります。上限が設けられていたりすると思わぬ出費となってしまいますのであらかじめ確認しておきましょう。

すべての検査を補助券なしで行うとなると1回につき4000円から15000円くらいの金額がかかってしまいますので、必ず妊娠届は提出するようにしてくださいね。

これらの検診にかかる費用は全部でも5万円程度と言われています。

出産の費用

出産となると、病院の質、入院日数、出産方法によってかなり大きな差が出るようになります。

全国平均では47万円という数字が出ていますが、地域によっては入院費そのものが高かったり、個室、特別室の用意にお金がかかったりしますのでご注意を。また、無痛分娩を選択するとさらに10万円程度費用が上がります。産科医療制度に加入している病院で出産すれば、退院時に出産一時金として42万円を受け取ることができます。

また、帝王切開などの保険適応内の高額医療を受けた場合も高額療養費として支払った医療費の一部が払い戻されます。事前に限度額適用認定証をもらっておくと退院時に精算してくれます。

他にも家族の1年間の医療費が10万円を超えた場合に申請すれば所得税が帰ってくる高額医療費控除、働いている女性ならば会社から支払われる出産手当金や育児休業手当などを利用することもできます。

出産には様々なお金がかかるものの、その分補助や控除も多いので、もらえるお金はすべてもらえるように事前に確認しておきましょう!